窯変

窯変とは、焼成によって窯の中で思わぬ変化を遂げ窯上がりする稀有なる現象の事です。
再現は困難ですが、輝きは最高です。その神秘な変化は、見る者を魅了します。



窯変 金彩結晶 天目碗

多くの陶芸家が挑んだ曜変天目。
虹彩を放つ「小碗」の持つ魅力は尽きず「いにしえ人」の心、意気冴えわたる。

 

 


油滴木の葉 天目碗

漆黒の碗の中に無数に散らばる「銀色の星」
その星の中に木の葉が舞います。